乳児

繊細な赤ちゃんには専用の布団を|ベビーグッズを合わせて活用

水

子持ち家庭に便利

水道水の安全性が疑問視されている中で、ウォーターサーバーは子持ち家庭にとても人気です。赤ちゃんは軟水しか飲めないですが、軟水のウォーターサーバーを使えばすぐにミルクが作れます。また月々の利用料も安く抑えられるので、お得です。

もっと読む

赤ちゃん用品

親子

特徴のある赤ちゃん用品

赤ちゃん用品を準備するとき、特徴をきちんと知っておかないといけないものも多いです。例えば、肌着と一口に言っても種類がたくさんあって用途が違うこと、哺乳瓶にはプラスチック製と瓶のものとがあり、乳首にも種類があることなどです。その中で、ベビー布団も特徴を知っておく必要があります。ベビー布団の特徴は、何と言っても硬いことです。赤ちゃん用品というものは、基本的には柔らかいものが多いです。なので、布団も柔らかいものをと思ってしまいがちですが、赤ちゃんの布団は硬くないといけません。なぜならば、生まれたばかりの赤ちゃんは自分で首も動かせないので、柔らかくては体や顔が沈んでしまいます。また、柔らかい場所では寝返りもしにくいです。安全面から考えて、ベビー布団は硬い必要があるということを知っておかないといけません。

いろいろな種類がある

ベビー布団にはいくつかサイズがあります。一般的なものは、ベビーベッドのサイズに合わせた大きさのものです。寝返りを打たない赤ちゃんには十分な大きさですし、ベビーベッドにそのまま使えるので、ベッドを使う時期の使わなくなった時期で買い替える必要もありません。さらに最近は、マンション用にコンパクトサイズのベッドも人気が出てきています。そのサイズに合わせた布団もあるので、ベッドで使う場合はサイズを測っておく必要があります。また、お昼寝用のベビー布団もあります。こちらは家でもお昼寝だけでなく、保育園でのお昼寝用としても人気があります。軽くてコンパクトなので、持ち運びにもとても便利です。自分たちのライフスタイルにあったベビー布団を選ぶことができるのです。

乳児

外出中の紫外線対策

天気の良い日に外出する際気になるのが紫外線です。免疫力が弱く、肌も敏感な赤ちゃんは日焼け止めをしっかり塗って対策をしましょう。赤ちゃん用の日焼け止めは低刺激で塗りやすく、石鹸で簡単に落とせるものを選びます。色々な種類がありますが、用途に合わせて使い分けましょう。

もっと読む

赤ちゃんの足

育児中の家計に優しい方法

ベビー用品を揃える場合、本当に必要なものなのかをきちんと見極めましょう。長期間使う必要がないものや、実際に購入する前にお試しで使ってみたい場合にはレンタルが最適です。レンタルであれば、利用期間も選べ、割引等の制度もあります。

もっと読む