ベイビー

繊細な赤ちゃんには専用の布団を|ベビーグッズを合わせて活用

外出中の紫外線対策

乳児

こんな特徴があります

赤ちゃんを連れて外出出来るようになると、天気の良い日にお散歩に行ったり、公園に遊びに行ったりする機会が増えますね。そこで気になるのが紫外線です。紫外線の影響は広く知られていますが、蓄積されるものなので幼い頃からきちんと考えていく必要があります。赤ちゃんは汗っかきですから気温が高くなるとつい肌の露出が増えますが、大人よりも遥かに免疫力が弱く肌も敏感なので外出時はしっかりと紫外線対策をしましょう。そこで必需品となるのが日焼け止めです。赤ちゃん用の日焼け止めは低刺激な物が多く、用途に合わせてラインナップも豊富です。水遊びやレジャーの時はSPFが高いものを選んだり、手軽に塗り直せるスプレータイプなどもありますので上手く使い分けていきましょう。

選び方と使い方

赤ちゃん用の日焼け止めと言っても多種多様です。しかし、選ぶ際に押さえておきたいポイントがいくつかあります。まずは低刺激、ノンケミカルのものです。肌の弱い赤ちゃんは強い日焼け止めを使うとかぶれてしまう事もありますのでなるべく無着色無香料のものが良いでしょう。また、ローションタイプやジェルタイプなど形状も色々ですが、出来るだけ伸びが良くムラにならないものを選びます。石鹸でしっかり落とせるかどうかも重視しましょう。紫外線をカットしつつ乾燥を防げる保湿効果のある日焼け止めもオススメです。その他にはこまめに塗り直す事も大事です。UV加工の帽子やベビー服と組み合わせてしっかりと紫外線からお肌を守りましょう。日焼け止めを活用して、赤ちゃんとの真夏の外出も楽しんでくださいね。